岳温泉(福島) お宿 花かんざし
若女将 二瓶 明子

旅館の顔であるために自分を磨き、キレイであり続けたい

当館は大正ロマンをテーマに古い木造建築の良さを活かした宿なんです。温泉も酸性泉という日本でも珍しい泉質で美肌効果にもすごくいい温泉なんですね。
ただ、女将と言うと毎日温泉に入っているというイメージがあるかもしれないですが、自宅には温泉はきていないですし、お客様と同じ時間に入るわけにもいきませんので、自分が温泉に入れる回数ってのは年に数回ぐらいなんです。とは言いながら、美肌の湯の女将としてキレイでなければいけないってのもあり悩みの種でした。
20代の頃は好きなタレントさんが出ている化粧品を選んでたんですが、30歳を過ぎてからは自分に合う化粧品にかけるお金と時間が段々増えてきたのが現状でした。

お客様に対しても素の自分のままで接することができる

そんな中でFINEAGE のモニターをさせていただき、最初は「何となくいいかな?」って感じだったんですが、1か月過ぎたあたりから、とにかく調子がいいんです。自分に自信が持てるので、お客様に対しても構えたり、うつむきがちにならず、素の自分で明るい笑顔で接することができるようになりましたね。あと、化粧品の使う量も減った気がしています。
自分に自信が持てたことで、より向上心が生まれ、今以上に輝いていたいと思いますし、自分のことをより磨いて旅館の顔、温泉地の顔として頑張りたいなって思うようになれたってのが大きな収穫ですね。

お客様への感謝の想いをおもてなしとしてお返し

そして、すべてのお客様それぞれにご旅行に対する想いがあると思うんですが、お客様と接してるうちに、逆に自分が励まされたり、お客様の言葉を通して頑張らなきゃって思うことがたくさんあります。だから、そんな想いを感謝にかえて、おもてなしとしてお返しできればなって思っています。
また、女将の文化っていうのも日本独特のものですし、旅館によってそのスタイルも違うと思うので、私もその一人として美しさを意識しながらこの文化を繋げていけるように頑張りたいと思います。

※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

岳温泉 お宿 花かんざし
〒964-0074 福島県二本松市岳温泉1-104
TEL:0243-24-2110
http://www.hana-kanzashi.com/

湯西川温泉(栃木) 桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄
若女将 大類 紀枝

お肌への不安を自信に変え、いつまでも前向きな心で

女将になって今4年なんですが、女将になってよかったなって思うのは、やればやるだけ結果が返ってくるってことなんです。お客様から「よかったよ」とか「また来るよ!」って言葉も増えてくるので、もっと頑張ろうって思うんですよ。女将になる前は、仕事人間ってかっこ悪いって思ってた自分がこんなに仕事が好きな人間だって知らなかったですね(笑)。それぐらい今の仕事にやりがいを感じています。
そのために大切なのは、女将としてお客様とどれだけ関われるかだと思うんですよ。お客様を笑顔でお迎えして、笑顔で送り出す。でも、私たちもてなす側のテンションが低いとお客様にそれは必ず伝わってしまうんですよね。だから、自分自身がまず日々前向きに生きることと自分に自信を持つことが大切だと思っています。それが、自然と仕事につながっていけばいいなと。

夕方になったときにも「前と違う」と実感

そういう面でFINEAGE ってすごくプラスに働いてるんです。やっぱり女性なんで、お肌に不安があるとどこか表情が曇りがちになってしまうんですが、逆に自分が美しくなったって感じるとすごくポジティブになれるんです。
とくに女将って寝るとき以外はメイクしてるっていうぐらい人前に出る時間が長いんで、夕方になると肌が悲鳴あげてるって感じることもあったんですが、今は夕方になっても「前と違う」って感じますし、笑顔で自信を持ってお客様と接することができています。

まるで女性のための救世主のような商品

一人の女性として美しくなるってことももちろんですが、ポジティブな気持ちで仕事に集中できるようになり、ダブルでいい方向に進んだなって思ってます。FINEAGE のおかげだなって、本当に感謝ですね。
当館のお客様は女性の方も多いのでダイドードリンコさんの許可をいただけるならFINEAGEの特設コーナーを作って、1人でも多くの女性が日々明るく過ごすきっかけを私も作れたらなって思ってるんです。それぐらい女性のための救世主のような商品だと思います。これからも続けていきたいですね!

※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄
〒321-2601 栃木県日光市湯西川727−1
TEL:0288-98-0031
http://www.heikenosho.co.jp/

修善寺温泉(静岡) ねの湯 対山荘
若女将 稲木 沙奈絵

お客様と間近で対面。お肌が見られるようで不安でした

当館はこの場所で祖母が開業し、母、そして私と継いできた旅館なんです。母の代から働いてる方も多く、旅館の従業員みんなが仲良く、一緒になってお客様に喜んでもらおうってしてるのが私の誇りですね。そして、お客様と旅館の従業員ではなく親戚やお友達みたいな感覚でもっと大切にしたいって想いながらお客様と関われたらいいなって思っています。
私自身も女性ならではの目線でお客様のかゆいところにも手が届くようなサービスというか、あったらいいな、やってくれたらいいなを先回りして自然に提供できればなって思っています。

自信がなくなってしまう自分を気にしていました

おもてなしって、心の問題だと思うんです。頭で考えてできることではなく人間性がしっかりしてないといけないって。だから、私も対山荘の看板を背負う人間として一生懸命頑張りながらも、心に余裕をもち、温かい人間でいたいなって思っています。
ただ、お客様と向き合うときにどうしても気になるのがお肌なんです。修善寺温泉は美肌の湯としても有名なんですが、私の肌の調子が悪いと信憑性がないだけでなく、お客様と接するときもついつい伏し目がちと言うか…、自信なさげになってしまうのが気になってるんですよね。自分自身ケアしてきたつもりなんですが、年齢と共にってのがあって、悩んでたときに始めたのがFINEAGE なんです。

いつまでも美しい姿でお客様をお迎えしたい

もう、使ってびっくりですよ!
みずみずしいっていうか、とにかく自分が一番驚いています。全体的に上がったって感じですかね。
まわりの従業員からも若返ったって言われますし、お客様からも年齢を聞かれることが増えたんです。中には「20代前半ですか?」なんておっしゃるお客様がいらっしゃってうれしくてだきついちゃいました(笑)。
だから、もっといろんな女性にこの感動を知っていただければなって思いますし、これだけ実感してしまったらやめれないなって思っています。いつまでも美しくありながら、この旅館を守っていければと思います。

※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

修善寺温泉 ねの湯 対山荘
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺883
TEL:0558-72-0331
http://www.taizanso.com/

下呂温泉(岐阜) 懐石の宿 水鳳園
若女将 上村 利恵

お客様のくつろぎは、私たちの自然な笑顔から

私が若女将として参りましたのは平成元年くらいです。いつも心がけていることは、お客様には自然な笑顔で接することです。当館にいらしていただき、ありがとうございますという感謝があるからこそ、自然に笑顔があふれていると実感します。これでも最初は、旅館のお仕事が何もわからず、大女将に頼りっぱなしでした。
旅館のお仕事をしていると、どうしても子供と一緒にいる時間は短くなってしまいましたが、夕食だけは家族で一緒にとることを心がけていました。その子供も手が離れ、5年ほど前からようやく旅館のお仕事に集中できるようになってきたと思います。

毎朝のお化粧もしやすくなり朝から爽やかな気分です

今回、FINEAGE のような美容系のサプリメントを初めて口にしました。もともとサプリメントはあまり信用しない性格なんです。飲みやすいなって感じはありましたよ。ゼリーもタブレットも、手軽にパッと飲めたことが良かったです。気づいたら2か月飲み続けていますが、そういえば最近、習慣で行っていた美容のケアをしていないことに気づきました。調子が良いんですよね。
以前はときどき、鏡の前で今日の肌はいまいちだなとか、ノリが悪いなということがあると、一日暗い気持ちになってしまっていましたが、毎朝のお化粧もしやすくなったことで、気持ちも晴れやかになり、朝から爽やかな気分になります。

95点の喜びを感じていただくことを目指していきたい

若女将として、雑誌やテレビで紹介されることがあります。それを見て来られた方から、「実物のほうがいい」って言っていただけるとすごくうれしいです。さらに「身もこころもゆっくりできた。また明日から頑張れる」っていうお声をいただけると本当に報われた気がします。こうやって、自然体で笑顔ができるようになるんですね。これが女将のやりがいだな、って思います。
満点をいただくのは難しいかもしれませんが、95点の喜びを感じていただくことを目指していきたいです。そのためにFINEAGE は手放せない存在だと思います。

※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

下呂温泉 懐石の宿 水鳳園
〒509-2200 岐阜県下呂市森2519-1
TEL:0576-25-2288
http://www.e-onsen.co.jp/

加太淡嶋温泉(和歌山) 大阪屋 ひいなの湯
若女将 利光 真希美

自分の魅力を高めていくことでお客様に元気をお届けしたい

加太はひなびた漁師町ですが、とても人がおだやかで良い所なんですよ。ウチのお隣には、安産祈願や人形供養で知られる淡嶋神社があります。その参道にあたる場所でウチは江戸末期からお客様をお迎えしています。
歴史が長いですから、ご両親に手を引かれてきたお子さんが、今度は自分のお子さんを連れておいでになり、またそのお子さんが…、というように、さまざまな世代交代を拝見できることに感謝しています。ですから、いつまでもこの地にあり続ける旅館でいたいと思っています。

しばらくしてからお肌へのストレスがなくなりました

お客様をお迎えするとき、最初にあるのは「お越しいただいてありがとうございます」という感謝です。その思いが届くかどうかは別にして、お客様からは若く見られたいと思います。やっぱり、年齢とともにシワは多くなるし、お肌も下がるじゃないですか。女性としては、それを食い止めたいですよね。
FINEAGE のモニターをして1週間後くらいから何か違うな、って気づきました。ストレスがすっとなくなる感じで、気持ちにも余裕とハリが出きてきた気がします。
美容というのは、急に変化するものではなく、地道に何かを続けていって、何となく「そうかな」と変化を感じたら、それはもう成功だと思っています。FINEAGE を続けていって、自分なりに成功だなと感じました。

年齢とともに変わる魅力内側からの輝きを大切に

輝きが外からではなく、内側からにじみ出てくる年の取り方があると思います。女性は年齢とともに違う魅力が表れてくると思うんです。そんな魅力を保ち、高めていけたなら、きっとお客様に私の元気を差し上げられるのではないかと思っています。
最近は、お客様から「ますます若くなった」というお声をよくいただくようになりました。そんな言葉を耳にすると、とても女性としてはうれしいです。仕事にも、生活にも、気持ちにもハリが出ますし、もっとがんばろうと思います。

※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

加太淡嶋温泉 大阪屋 ひいなの湯
〒640-0103 和歌山県和歌山市加太142
TEL:073-459-1151(電話受付:8:00~22:00)
http://www.hiina.com/

洲本温泉 (兵庫) 淡路島観光ホテル
女将 上村 早苗

自分に自信を持てたことで、心から相手を思えるようになりました

旅館の女将って、大家族のお母さんみたいです、いろんな人を励ましたり、注意をしたり、家計簿もつけなくてはいけません。
お客様には笑顔で接することが第一と思います。笑顔でお迎えし、お客様から笑顔が返ったらOKだと従業員には言っています。
それを含め、ミーティングなどのときに、みんなの体調や機嫌を見てあげることが大切です。元気がないと思えば、声をかけたり、励ましてあげることが、女将の一番の仕事ではないかなって思うのです。

モニターを体験し、一番良かったと思えること

従業員には、身だしなみを完璧にと言いつつ、私自身はお肌の調子が悪いときもあります。生活や食事に問題が、と従業員から思われているのではないかと不安に感じました。
そんなときFINEAGE のモニターの話があったのです。このときも自信がなく、何も変わらなければどうしようと思いました。
1か月ほどして、ほうれい線や小じわが気にならなくなりました。2か月目からはお肌のざらつきもなくなり、洗顔後、つるつるのお肌に化粧水が塗れます。生活は変えていませんので、思い当たることはFINEAGE しかないわけです。
モニターを体験し、自分に自信が持てたことが一番良かったです。不安が消え、心から相手のことを思えるようになりました。

目標達成のために必要なことそれは、すべてに自信を持つこと

当館へお越しになる方は2世代、3世代のご家族が多いんです。旅行を通して、ご家族のつながりが深くなっていくことをたびたび目にします。そういうとき、本当にこの仕事をしていて良かったなと思えます。
旅館業は大変な仕事なんですが、従業員には、仕事も家庭も充実した時間を過ごしてもらいたいと思います。そうした環境をつくっていきたいというのが私の今の目標です。夢を実現し、自分が先頭に立って頑張るためには、すべてに自信がないといけません。だからこそ、これからもFINEAGE の力を借りながら、頑張っていきたいと思っています。

※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

洲本温泉 淡路島観光ホテル
〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1053-17
TEL:0120-22-9700(電話受付 8:00~22:00)
http://www.awakan.com/

皆生温泉(鳥取) 皆生 菊乃家
若女将 柴野 寛子

美しさと、元気までもらえたような気がしています

母が女将をやっている姿を小さなときから見ていたので、自分もいつか女将になるんだという想いはありましたが、やっぱり最初の1年間は辛かったですね。自分がどうするのがベストなのかわからないし、空回りと言うか手探り状態でがむしゃらでやっていたので、プライベートの時間を作ることもできず、ただただ仕事に専念してましたね。
今は姉と二人で若女将をやっているので、接客だけでなくWEB関連の集客のこともやっているんですが、ホームページやfacebookをみて来ましたと言われる方が増えてきて、やってきてよかったなって思っています。

気持ちが前を向いてハリが出た感じです

接客の方では、自分自身が美しくなければいけないって思っています。やはり、旅館の顔として接する立場ですので、旅館の全体の印象にも影響しますのでキレイでいることには気を使っています。でも、肌の調子が悪かったり、体調がいまいちだと、どんよりしちゃってお客様の前でも笑顔が出なかったりっていうのがあってはならないんですけど、少なからず出てしまうときもあったんですね。
ただ、FINEAGE を飲ませていただいてからは気分が晴れやかと言うか、今までなかったぐらい前向きになれるって感じで、そんなことがまったくないんですよ。元気はつらつというか、とにかく気持ちが前を向いて、ハリが出た感じがしますね。

気持ちが変わってくるのは初めての経験でした

私、実はモニターをしながら自分で写真を撮ってたんですけど写真を比較しながら、「あれ?違うよね」みたいな(笑)。とにかく何がいいっていうより、なんだか調子がいいってのが私の一番の感想ですね。今まで、サプリメントや美容のドリンクを飲むことはあったんですが、気持ちが変わってくるのは初めての経験ですし、それに気づいたときに「これは凄い!」って思ったんですね。
これからもFINEAGE をいただきながら、内も外も今以上の自分になることを目指して頑張っていきたいなと思います。

※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

皆生温泉 皆生 菊乃家
〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉4-29-10
TEL:0859-22-6560
http://www.kaikekikunoya.com/

さぎの湯温泉(島根) 竹葉
女将 小幡 美香

ほぼ素のままの顔を主人に見られ、「輝いているね」と言われました

当館は客室数7室のこぢんまりとした旅館なんです。だからこそ、お客様一人ひとりの個性を大切にして「お客様が大好きです」って想いで一人ひとり接しさせていただいています。源泉掛け流しの温泉はもちろんなんですがマクロビオティックという無農薬や減農薬の野菜を中心としたランチも非常に好評をいただいており、当館に、そして島根に来て心も体も軽くなって元気になって帰っていただければと思っています。
自分の夢は「縁結び」って言葉を世界共通語にすることなんです。それが、自分が育った地元への恩返しじゃないかって。旅館に来ていただいたお客様に喜んでいただくのは当然なんですが、より多くの方に島根の良さを知っていただくために頑張りたいってのがありますね。

元気と張り合いを持って仕事をやっているかが重要

そのために仕事の面でも、女性として生きていくって面でも、美しさも大事なんですが、元気と張り合いを持ってやっているかと言うのが重要だと思うんですけど、FINEAGE をいただくことで美しさと心の張り、元気と全部いただいてる気がしますね。
モニターをさせていただいて最初の1か月は自分で「あ、前と違うな」って感じだけだったんですが、1か月過ぎたあたりから、まわりの方に「また一段と若くなったね」とか「変わったね」って言われることが多くなったんですよ。極めつけは厨房で料理しているときに主人が「すっきりしたいい顔で輝いてるね」って言ってくれたんですよ。普段そんなこと言われることもなかったですし、厨房にいるときはあまり化粧もしてないので、ほぼ素の自分に対して言ってもらえたってのが本当にうれしかったですし、「いただきました!」って感じですかね(笑)。

顔をあげて、思いっきり前に出て行きたい

女性として、キレイだねとか、かわいいねと言われるともっと優しくなりたいとか思いますし、誰に言われてもうれしいですが、やっぱり好きな人に言ってもらえるってのが一番うれしいですよね。だから、もう頑張らなきゃみたいな感じで、仕事にも家事にも一層勢いが出た感じですね。これからも顔をあげて、思いっきり前に出ていきたいですね。

※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

さぎの湯温泉 竹葉
〒692-0064 島根県安来市古川町438
TEL:0854-28-6231
http://www.chikuyou.jp/

雲仙温泉(長崎)雲仙スカイホテル
若女将 内田 亜希子

美の本質は内側から表れるものそれを大事にしていきたい

雲仙に来て早いもので丸3年です。元々は横浜でOLをしており、自分が接客業に転向し、若女将になるなんて考えられなかったです。結婚する前は悩んだんですよ。私に若女将が勤まるのかなって。でも、雲仙にやってきて良かったなって今は思います。
若女将といいながら少人数で運営しており、お迎え、お見送り以外にも清掃やフロント業務など、仕事が多岐にわたり、大変な部分もあります。あと少しでもお客様やスタッフといたいと思うので、休みの日でもお迎えやお見送りはできる限りさせていただいているので余計そう感じるのかもしれません。
でも、それを上回るお客様の笑顔や出会い、毎年来ていただくお客様との再会が気持ちをしっかりと支えてくれているんです。
幸い家と旅館が隣接してるので仕事をしながらも母としての時間と若女将としての時間、そして自分の時間をうまく使い分けできるのもいいのかもしれません。

体の内側からの変化に「これは違う!」と実感

ただ、肌は正直で、疲れてくると気持ちはハリがあっても肌のハリはなくなるし、もともと乾燥肌なので、調子が悪いとファンデーションを塗っても、のりが悪く、粉がふいたみたいになるのが悩みだったんです。美しさは内側から出るものとわかっていても、外側が作られた顔だったら意味がないですから。
そういう意味で今回のモニターは、お化粧品ではなく、内側からの変化という面ですごく興味があったんです。始めて2週間たった頃に少し違うかもと思い始めたんですが、1か月たつ頃には「これは違う!」って感じでしたね。とにかくたるまないんです(笑)。
最近では乾燥も気にならなくなり、本当にうれしく思っています。

美の本質を大切にする女将になりたいと思う

美の本質って内側から表れるものだと思うんです。それは体だけでなく、心にもあてはまるものだと思います。ですから、FINEAGEの力を引き続き借りながら、美の本質というものを大切にする女将になりたいなって思います。

※お客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

雲仙温泉 雲仙スカイホテル
〒854-0621 長崎県雲仙市小浜町雲仙323-1
TEL:0957-73-3345
http://www.unzen-skyhotel.com/

このページのトップへ