メニュー

 >  健康マメ知識  >  脂肪肝ってなに?

これだけは知ってほしい!健康マメ知識これだけは知ってほしい!健康マメ知識

健康知識

今月の
テーマ

食べすぎ、飲みすぎが元凶に 脂肪肝ってなに?

歯のイラスト

脂肪肝とは名前の通り、中性脂肪が肝臓にたまっている状態のこと。
私たちは食べたものから得たエネルギーを、身体活動のために消費して生きていますが、使いきれなかったエネルギーはグリコーゲンや中性脂肪につくり替えられ、体内のさまざまな場所に蓄えられます。その貯蔵場所の一つが肝臓。常に使う以上のエネルギーを摂り続けていると、蓄えられた中性脂肪は使われることなく、どんどん増えていくことに…。

肝細胞の30%以上に中性脂肪がたまっていると、「脂肪肝」と診断されます。脂肪肝はたいていメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と連動していることが多く、身体の中で脂質異常(中性脂肪の増加・LDL(悪玉)コレステロールの増加・HDL(善玉)コレステロールの減少が起こりやすくなるため、さまざまな疾患の原因となります。

脂肪肝の主な原因の一つは、アルコールの過剰摂取。肝臓がアルコールを分解するときに中性脂肪がつくられるため、そのまま蓄積しやすい状態になります。また、通常の内臓脂肪の蓄積と同じく、食べ過ぎや運動不足、肥満、糖尿病や脂質異常症などの合併症からも起こります。

アルコールによる脂肪肝は、そのまま飲酒を続けると「アルコール性肝炎」になり、腹痛や発熱、黄疸といった症状が出て、ひどくなると死に至ります。飲酒をやめると運よく改善することがありますが、たいていはアルコール依存症となっていることが多いため、禁酒自体が難しいケースも多いとか。男性よりも女性のほうが、少ない飲酒量でアルコール性の肝障害を起こしやすいため、特に注意が必要です。

また、食べすぎや肥満などアルコール以外が原因となる脂肪肝も、進行すると「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」になります。NASHは最近明らかになった病気であるために、まだ詳しいことはわかっていませんが、アルコール性のものと同じく、肝硬変や肝臓がんに変化がしていく恐れがあるため、こちらも早期発見が望まれます。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、疾患が重篤になるまで自覚症状が出にくいのが特徴。軽い脂肪肝のうちに発見することが何よりも大切です。一般的な健診による血液検査や、超音波検査・CTスキャンなどの画像検査(付加検診・有料)によって発見することができます。

軽い脂肪肝であれば、糖質や資質をセーブする食事療法や適度な運動、禁酒などでかなり改善することができます。日頃から良い生活習慣を心掛け、肝臓を労わっていきましょう。

肝臓病を発見するには…

検診などで定期的に血液検査を受けましょう。
検査でみるべき項目としては、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPがあります。

  • γ-GTP

    アルコール性肝障害に
    よく出てくる数値です。

    基準値
    男性…50IU/I 以下
    女性…30IU/I 以下

    高値の方はアルコールの飲みすぎが疑われます。

  • AST(GOT)
    ALT(GPT)

    肝細胞などの破壊とともに
    血液中に出てきます。

    基準値
    AST(GOT)…35IU/I 以下
    ALT(GPT)…35IU/I 以下

    基準値を超えていたら、アルコール性、非アルコール性問わず高値の場合には肝炎が疑われます。

脂肪肝を改善するには…

(飲んでいる人は)お酒を控える

食べすぎを控え、腹ハ分目に

  • ・動物性脂肪を減らす
  • ・炭水化物を減らす
  • ・野菜/食物繊維を多めに摂る

有酸素運動

  • ・散歩
  • ・軽いジョギング
  • ・サイクリングなど


※食と運動の両方で気をつけていきましょう。


※出典:厚生労働省「e-ヘルスネット」

一覧に戻る